トップページ > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

IR情報

ディスクロージャーポリシー

1. 情報開示の基本方針

當社は、株主?投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆さまに対して、當社の経営方針や事業內容の理解を深めてもらい、信頼関係を維持?発展させるため、會社法や金融商品取引法等の諸法令や東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の會社情報の適時開示等に関する規則」(以下、適時開示規則)に従い、重要な會社情報(投資判斷に影響を與える決定事実、発生事実、決算に関する情報など)を適時、適切かつ公平に開示します。

また、諸法令や適時開示規則等に該當しない情報につきましても、當社の経営方針や事業內容の理解の助けになると判斷する情報については、迅速かつ公平な開示に努めます。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該當する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(以下、TDnet)を通じて公開します。TDnetにて公開した情報については、當社ウェブサイト上にも速やかに同一資料を掲載します。

また、適時開示規則に該當しない情報も、當社ウェブサイト上への資料掲載などの適切な方法により、迅速かつ公平な開示を行います。

3. 沈黙期間(サイレント期間)

當社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の1カ月間をIR活動沈黙期間(サイレント期間)としています。この期間內は、業績に関連する問い合わせへの対応を控えます。ただし、この期間中に適時開示に該當する事実が発生した場合には、適時開示規則に従い情報開示します。

4. 將來の見通し

當社の開示資料のうち、當社の計畫、將來の見通し、戦略、その他歴史的事実でないものは、當該資料の作成時點で入手可能な情報に依拠した、當社の経営者の判斷に基づいております。実際の業績は、様々な要素により、これらの見通しとは大きく異なる結果となり得ることをご承知ください。

5. その他

當社では、東京証券取引所の情報開示システム(TDnet)によって重要情報が公開された後、速やかに當該情報を當社ウエブサイト上に掲載しています。ただし諸般の事情により、當該情報のウェブサイトへの掲載時期が大きく遅れることもあります。

情報の掲載にあたっては細心の注意を払っておりますが、これらの情報の內容が正確であるかどうか、適切かどうか等については一切保証するものではありません。また、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた障害等に関しまして、當社は一切責任を負うものではありません。

當社ウェブサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定はご利用者ご自身のご判斷において行われるようお願いいたします。

亚洲精品国产免费无码