トップページ > CSR > 地域社會との共存?発展

CSR

地域社會との共存?発展

海外拠點における活動

カナダにおける取り組み(JACOS)

カナダでオイルサンド開発を推進する現地子會社Japan Canada Oil Sands Limited(JACOS)は、労働市場?慣行を考慮しながら人種的?文化的にさまざまな背景を持つ従業員を現地で雇用するなど多様性を重視した組織経営を行っています。

また、事業に対する理解を得るための地域コミュニティとの継続的な対話を実施するとともに、地域イベントへの參加や寄付などの社會貢獻活動を通じた協力関係の構築に取り組んでいます。

さらにJACOSは、地域社會の発展に向けた雇用創出や人材育成の支援を行っています。

事業地域周辺のコミュニティにおいては、地域先住民とJACOSとの協議體「Indigenous Advisory Group」を立ち上げ、事業地域周辺の環境保全に関する知識やアイディアを共有するなど、環境?社會?経済の広範な分野で協働しています。

加えて、環境モニタリングや土地復舊事業といった將來の需要増加が見込まれるビジネス機會創出を支援するため、地域教育プログラムや地元學生向け奨學金への資金援助を行っています。

開発跡地のARGとの合同フィールド調査

イラクにおける取り組み(ジャペックスガラフ)

當社が子會社(株)ジャペックスガラフを通じて參畫するイラク?ガラフ油田の開発生産プロジェクトでは、オペレーターのペトロナスを実施主體に、當社からも資金を提供し、さまざまな形で地域貢獻活動を推進しています。

特に、教育と社會福祉への貢獻へ重點を置いており、教育面では、小中學校の校舎建設?補修、機や椅子の修理、學用品の配布に加え、小學生を対象とした理科?數學セミナーなどを実施しています。社會福祉の面では、周辺地域で課題となっていた浄水へのアクセスの向上を支援するため、小型の浄水施設を寄贈しました。また、イスラム暦ラマダン月の食料配布、犠牲祭での低所得層家庭への食肉配布や、孤児への衣料品の寄贈なども行っています。

ガラフにおける取り組み

インドネシアにおける取り組み(KEI)

インドネシア?カンゲアンプロジェクトで現地ガス田の開発?生産を擔う現地プロジェクト會社Kangean Energy Indonesia Ltd.(KEI)は、地域社會と良好な関係を構築するため、ガス田のあるパゲルンガン島やその周辺海域の島々に対する地域貢獻に取り組んでいます。

これまでに、KEI生産基地の自家発電を活用した電力や水の提供や、基地の醫師を地域診療所へ無償で派遣するなどを行ってきました。

またKEIは、教育?健康?経済?環境?インフラの整備や向上を支援するため、毎年パゲルンガン島や周辺地域の島々に対する寄付を行っています。寄付金は、港の拡張工事や道路などのインフラ整備、マングローブ植林支援、學生?教師への教育?奨學金支援、幼児への栄養補助食品の供給などに活用されています。

カンゲアンにおける取り組み

國內拠點における活動

地域社會との交流促進

當社の事業所や生産鉱場が位置する地域の方々との交流を深めることにより、當社の事業活動に対する理解を促進するよう努めています。

自治體や団體などが主催するイベント?講演會への參加や共催、自治體や企業の見學対応、小學校から大學までの生徒?學生を対象とした施設見學や職場體験の受け入れなどを行っています。

また、白根ガス(株)(新潟県白根市)のガスに対する理解促進を目的とする年1回の「ガス展」や地域の幼稚園?保育園への食育活動など、JAPEXグループの子會社?関連會社による地域との交流促進活動も行われています。

加えて、地域社會の一員として、當社拠點が位置する各地の大きなイベントである祭りなどへ、JAPEXグループとして協賛?參加しています。

とまこまい港まつり

竿燈まつり

長岡まつり

見附市今町?長岡市中之島大凧合戦

ボランティア活動

當社拠點のある地域を中心に、さまざまなボランティア活動を行っています。

當社拠點の周辺地域における、地震、豪雨や臺風による被害からの復舊作業ボランティアなどへも參加しています。相馬事業所では、東日本大震災からの復興?発展に取り組む福島県新地町の、復興産業まつりや植樹祭といった地元の復興イベントにも參加しています。

また、地域の安全?安心の向上に貢獻するボランティア活動を行っています。

長岡事業所では、地域の児童?生徒の交通安全確保のため、近隣の小中學校の通學路で歩行者専用信號機のない交差點において、週3日の登校時間帯の立哨ボランティア活動を2011年から実施しています。この活動は、企業としての地域貢獻はもとより、実際に交差點に立ち交通弱者である子供たちを見守ることで社員自らの交通安全意識の高揚にもつなげようと始まったもので、これまでに延べ2,000人以上のJAPEXグループ従業員が參加しています。

北海道事業所では、交通安全確保の取り組みとして、苫小牧市交通安全推進委員會が主催する交通安全運動「大規模 旗の波作戦」に、毎年參加しています。

當社子會社の白根ガス(株)や(株)ジャペックスパイプラインの名取管理所(宮城県名取市)では、業務のパトロールと同時に、地域安全のための防犯パトロールを実施しています。警察?自治體?學校などと連攜し、通學児童の見守りや不審者の発見などに努めることで、地域の安心感や犯罪抑止効果の向上に貢獻しています。

登校時立哨ボランティアの様子

ボランティア活動への感謝の手紙

調査?作業の事前説明

石油や天然ガスの探鉱など當社事業場?管理敷地外での現地調査作業や、當社事業場?管理敷地內で事前に地域へ周知すべき作業を行う前には、地元役場や消防をはじめとする関係官庁や、土地所有者などを含む関係先への事業説明や周知活動を行い、地域の理解と協力を得たうえで実施しています。

また、調査や作業の計畫策定にあたっては、特に當社が管理する敷地外で実施する場合は、作業関係先を訪問し必要な情報を入手したうえで、周辺への影響を最小限にするべく作業計畫を策定しています。

産學連攜?技術者育成支援

日本のエネルギー資源開発の発展への寄與を目指し、大學や研究機関に対し共同研究や講師派遣などの形で、資源開発の先端技術に係る研究をJAPEXグループとしてサポートしています。また、石油開発関連を先行する學生の交流の場である「石油開発 夏の學校」への參畫などを通じ、業界の將來を擔う人材の育成にも取り組んでいます。

學生の専門性向上やキャリア意識形成を支援するため、グループ會社を含む國內外の事業所、技術研究所、石油?天然ガス開発生産やLNG取扱いに係る操業現場、物理探査など、実際の業務の現場でのインターンシップを受け入れています。実施期間は1週間から1ヶ月間程度で、生産操業現場における技術実習や、本社での法務?コーポレート業務に係る実習などを提供しており、大學の単位認定の対象となっているものもあります。

このほか、獨立行政法人石油天然ガス?金屬鉱物資源機構(JOGMEC)の海外技術者支援プログラム、専門技術講座、プロジェクト講座、石油鉱業の基礎知識の習得プログラム、石油鉱業連盟の石油講座などへJAPEXグループとして講師を派遣するなど、業界の教育?人材育成活動への參加にも力を入れています。

亚洲精品国产免费无码