トップページ > 事業紹介 > 【インフラ?ユーティリティ事業】パイプラインの保守

事業紹介

インフラ?ユーティリティ事業

パイプラインの保守

當社の天然ガスパイプラインの大半は地下に埋設されており、その設計や構造、運用や保守にいたるまで、お客様への安全な天然ガス供給を継続するためのさまざまな工夫が施されています。

パイプラインの特徴

パイプライン本體には、內圧?外圧、曲げや衝撃に強く弾力性に富んだ、高張力鋼管を採用しています。また、大地震にも耐えうる強度を持つよう設計されており、これまで宮城県沖地震、新潟県中越地震、東日本大震災などの際にもその耐震性を発揮しています。

埋設するパイプラインの表面には、防食コーティングを施すとともに、外部電源法による電気防食を行っています。外部電源法とは、パイプラインの代わりに腐食する不溶性電極を地中に設置してパイプラインと接続させたうえで外部電源から防食電流を流す、長距離?大規模のパイプラインに適した、信頼性が高く保守管理の容易な防食技術です。電気防食により自然腐食から守られるため、埋設したパイプラインの耐久年數を半永久的に確保しています。

鋼管構造図

外部電源法の概念図

安全確保への取り組み

監視センターや各供給所では、遠隔監視制御システム(SCADA)による24時間體制での集中監視制御を行っており、緊急時には遠隔操作でガスを遮斷できるようになっています。

主要バルブステーションやお客様への受け渡し設備には異常時に監視センターから遠隔操作でガスを遮斷するための緊急遮斷弁(ESDV)を、パイプライン沿線の主要箇所には必要に応じてパイプライン內のガスを安全に大気に放散するための放散塔を設置するなど、萬一の際に安全に対処できる設備を備えています。

また、作業員による沿線パトロールや施設の保守點検、保安標識や路線標柱の設置など、常に安全を確保するために細心の注意を払っています。

送ガス監視センター
送ガス監視センター

パイプライン設備保守點検
パイプライン設備保守點検

亚洲精品国产免费无码