トップページ > 事業紹介 > 【新規事業】CCS(CO2回収?貯留)

事業紹介

新規事業

CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:CO2の回収?貯留)

CCSは、工場や発電所などで発生する二酸化炭素(CO2)を大気放散前に回収して、枯渇した油ガス田や地中深くにある石炭層、帯水層など貯留に適した地層に直接圧入し、長期間かつ安定的に貯留する技術です。

世界的な地球溫暖化への対応や、低炭素化?脫炭素化が求められているなかで、CO2の大規模な削減に向け、CCSは実用性が高く確実で安全な方法と考えられています。また、概略調査では、日本におけるCO2貯留可能量は最大で約1,460億トン*1とされており、2014年より詳細な調査が開始されています。

2008年5月には、日本におけるCCS技術の実用化を目指し、當社をはじめとする民間各社で、日本CCS調査(株)(JCCS)を設立しました。國は2014年の「エネルギー基本計畫」において、2020年までにCCS技術の実用化を目指すとしています。これを受け、JCCSは、経済産業省からの委託事業として、2012年4月から北海道苫小牧市においてCCSの実証プロジェクトを推進しており、2016年4月からはCO2圧入試験を実施しています。

當社は、石油?天然ガスの探鉱?開発で培ってきた、地下構造の把握や巖石物性の推定、圧入井の掘削、生産、流體移動シミュレーションや地震探査などによる地下モニタリングなどの先端技術の提供を通じ、CCSの実用化に向けた取り組みに貢獻していきます。

*1 2005年度RITE報告書參照

苫小牧CCS実証プロジェクト地上設備 寫真提供:日本CCS調査㈱
苫小牧CCS実証プロジェクト地上設備 寫真提供:日本CCS調査(株)

CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage:CO2の回収?活用?貯留)

CCUSは、工場などから回収したCO2を有効活用したうえで貯蔵するという取り組みです。

たとえば、生産性が低下した油田にCO2を圧入して、油田に殘っている原油を押し出し、圧入したCO2は地下に貯留する「CO2-EOR(Enhanced Oil Recovery:石油増進回収法)」があります。CO2排出量削減に貢獻し、また、原油の生産量増加も期待できることから、國內外で検討が進められています。

當社は、これまでに秋田県やインドネシアで実証試験や調査などを行っており、今後もCCUSの実用化に向けた國內外での取り組みを進めていきます。

関連リンク

亚洲精品国产免费无码