トップページ > 事業紹介 > 【海外E&P】英領北海

事業紹介

海外E&P

英領北海

當社は、英國アバディーン沖合約300kmに位置する英領北海海上鉱區(通稱:シーガル鉱區)において原油?天然ガスの探鉱?開発プロジェクトに、2014年より參畫しています。

2015年に評価井での原油?天然ガス産出テストに成功後、開発移行に向けた検討を進めた結果、2019年3月に鉱區の開発に向けた最終投資決定を行いました。現在は、2021年末の原油?天然ガスの生産開始を目指して開発作業を進めています。

なお、當社子會社を含む本プロジェクトの參畫各社は、英國石油?ガス上流事業規制機関であるOGA (Oil & Gas Authority)より、英領北海における石油?天然ガスの埋蔵量最大化に貢獻した事業者に贈られるMER UK Awardを2019年度に受賞しています。

シーガル鉱區概要

鉱區名 英領北海 P1622 鉱區 22/29C(通稱シーガル(Seagull)鉱區)
プロジェクト會社 JAPEX UK E&P Ltd.
権益比率
Neptune E&P UK Ltd.
35%
BP Exploration Operating Company Ltd.
50%
JAPEX UK E&P Ltd.
15%
概況 開発作業中

英領北海海上鉱區における産出テスト

MER UK Award 2019を受賞

亚洲精品国产免费无码